熱帯魚「ベタ」をお迎え!

こんにちは。

マルチーズの愛犬「珀」と暮らしている珀ママです。

私は以前、熱帯魚の「ベタ」を飼育していました。

最近、「また飼いたい!」と思っていたのですが、つい先日、お迎えすることができました。

今回は我が家に迎えた「ベタ」についてご紹介します。

熱帯魚「ベタ」とは?

大きなヒレが美しいお魚「ベタ」。

和名で「闘魚」といい、闘争心の強い熱帯魚です。

写真のベタはオスですが、オスはヒレが長く、メスはヒレが短く、オスよりも体が小さいです。

ベタの種類には、「トラディショナル」「ハーフムーン」「プラカット」「クラウンテール」があり、お迎えした子は「クラウンテール」という種類です。

大きく開いたヒレが王冠に似ていることから名付けられたそうです。

ベタの値段は?

 

ベタの値段ピンキリですが、種類やカラーによって異なります。

一般的には「トラディショナル」が1番低価格のところが多いです。

私がベタをお迎えしたとき、2店舗ほど見に行きましたが、380~480円の価格帯でした。

我が家に迎えた「クラウンテール」は、980円でした。

「ハーフムーン」や「プラカット」は、カラーにより価格は大きく変わり、数千円~数万円ほどの個体もあります。

熱帯魚はネットでも購入できますが、色合いやヒレの開き具合など、写真ではわからない部分が多いので、ショップでお気に入りの子をお迎えすることをおすすめします!

いかがでしたか?

今回は、ヒレが大きく美しい「ベタ」についてご紹介しました。

次回は、ベタの飼育に必要なものをご紹介します。

この記事を書いた人:珀ママ