多摩動物公園へおでかけ!鳥編!

こんにちは。

珀ママです。

先日、多摩動物公園へおでかけしてきました。

いろいろな動物をご紹介しましたが、今回が最終回となります!

今回は「鳥」をご紹介します!

インコ

多摩動物公園には2種類のインコが暮らしていました。

体が大きく、声も大きかったです。

柵や網がなく、今にも飛び立ってしまいそうな空間で暮らしていました。

羽を切ってあり、飛べないようです。

柵や網がないと、すごく間近に感じます。

「部屋の中を見ることはできません。」と書かれていました。

もしかして機織り⁉ ツルの恩返しのようですね!

ベニコンゴウインコ

きれいな朱色のインコでした。

あまり動かず、じっとしておりました。

ルリコンゴウインコ

まぶしいほどの黄色と青色の羽を持つインコでした。

この子は元気いっぱい、大きな声で鳴いていました。

体操選手も顔負けの片足バランス!

ちょっと羽がかゆいらしいです。

インコなのにこの迫力!

ちょっと怒っているのかな?

コウノトリ

「赤ちゃんを運んでくる」といわれているコウノトリ。

絶滅危惧種となっている鳥です。

ぱかっとお口を開けています。

夫婦なのかな?

何やら見守っている感じですね。

いかがでしたか?

今回は多摩動物公園の鳥をご紹介しました。

多摩動物公園は、広さもあり、動物もたくさんいて、開園から閉園まで楽しめます!

お食事処もたくさんありますので、混んでいても安心ですよ!

ぜひ、行ってみてくださいね!

この記事を書いた人:珀ママ