猫好きが犬を飼うメリットを分析してみた

私は猫飼いひとすじですが…

こんにちは!ひこすけです。

私はこれまで、4匹の猫を看取り、現在、ウッドデッキに住みついている白猫を、飼い猫にスカウト中です。

しかし、これまでの人生で、犬を飼ったことはいちどもありません。

それでも、テレビなどでワンチャン特集を見ていると、犬もいいなーと思うわけです。

そこで、猫しか飼ったことがない私が、あえて犬を飼うメリットについて考えてみます。

犬は子育てしたい人に向いている?

犬を飼ったことがない私が言うのも説得力に欠けますが、たぶん犬を飼うのって子供を育てるような感じなんだと思うんです。

しつけをしたり、散歩に連れて行ったり…

犬にとってきっと飼い主は主人=親になるのですね(たぶん)。

猫は、私の知っている範囲では、飼い主は主人でも親でもなく、本質的には「餌をくれる人」。

可愛い瞳で、可愛い声で甘えてくるものの、ほとんどは「ご飯くれ」です。

そのため、ペットと親子のような濃――――い関係を築きたい人は、犬のほうが飼いやすい気がします。

友達をたくさん作るなら犬のほうがいい

あとは、友達をたくさん作りたい!

という人も、犬を飼うほうが合っているかもしれません。

もちろん猫好き同士も何かとつながりますが、猫と一緒に集まったり、どこかへ出かけたりするのは無理。

猫ブログ仲間になることはありますが、リアルな友達になって遊びに行くって、あまりないような気がします(私だけ?)。

犬同士は仲良くなる可能性を感じますが、猫同士ってけっこう難しいのでは?

そのため、ペットを通じて友達を増やしたい人は、犬のほうがぴったりかも(笑)

この記事を書いた人:ひこすけ