熱川バナナワニ園にお出かけ(3)

熱川バナナワニ園のアマゾンマナティー

こんにちは!ひこすけです。

夏休みを利用して、家族で伊豆熱川に行ってきました。

そのついでに熱川バナナワニ園に立ち寄ったのですが、ワニ以外にもたくさんの動物たちが!

何気にレアなのがアマゾンマナティー。

実は、アマゾンマナティーを飼育展示している唯一の施設が、熱川バナナワニ園なんだそうです。

 

アマゾンマナティーの名前は「じゅんと」

アマゾンマナティーにはちゃんと名前があるそうです。

それが「じゅんと」。

アマゾンマナティーが生息しているブラジルでの共用語はポルトガル語。

「じゅんと」は「一緒」を意味するそうです。

じゅんとは、専用の水槽のなかで、のんびり暮らしていました。

 

熱川バナナワニ園にはフラミンゴもたくさん!

アマゾンマナティーのほかにも、いろいろな生き物がいました。

子どもたちに人気だったのがフラミンゴ。

ワニの次くらいに人が集まっていたかも。

みんなピンク色のフラミンゴですが、微妙に見た目が違います。

濃いピンク色はベニフラミンゴ、薄いピンク色はチリフラミンゴとのこと。

キューバ政府に寄贈されたものだそうです。

キューバと熱川がつながっているの、ちょっとびっくりですね汗

この記事を書いた人:ひこすけ