ワンコと暮らして変わったこと、パート1!飼い主のお洋服!

こんにちは。

マルチーズの愛犬「珀」と暮らしている珀ママです。

自由気ままに暮らしていた私にとって、珀と暮らすようになり、生活は一変しました。

様々なことを想像はしていましたが、想像以上だったり、想像していないことだったり・・・。

今回は、珀と暮らすようになって変わったこと、パート1として、お洋服についてご紹介したいと思います!

子犬の珀と暮らすのにNGだったお洋服

珀は今でも好奇心旺盛で遊び好きですが、子犬の頃はさらに好奇心と遊び好きのかたまりでした。

飼い主のお洋服もおもちゃとなり、抱っこされながら暴れることもしがみつくことも!

何をしても動きの激しい子でした。

そんな子犬の珀との暮らしでNGだったお洋服は次のようなものでした。

・ボタンの付いているお洋服

(ボタンを引きちぎって食べそうになったことも・・・)

・紐の付いているお洋服

(パーカーの紐は引っ張ってかじって遊んでしまいます)

・レースのお洋服

(爪や歯で引っ掛けてレースが崩壊します)

・タイツやストッキング

(爪を引っ掛けて伝線します)

・ニット

(爪を引っ掛けます)

・黒いお洋服

(珀は毛の抜けにくい犬種なのであまり気にしませんでしたが、被毛が付いて目立ちます)

子犬の珀と暮らすのにOKだったお洋服

NGのお洋服を避けると、着用できるお洋服は限られていました。

珀が子犬だったころは、トレーナーにジーパンというスタイルばかりでした。

大人の珀と暮らすのにOKなお洋服

そんな珀も、今では「珀のもの」と「飼い主のもの」の区別がつくようになっています。

おもちゃのぬいぐるみはかじっても、飼い主のぬいぐるみは絶対にかじりません。

お洋服や家のもので遊ぶこともなくなりました。

今ではほとんどのお洋服を気にせず着られるようになりました。

ただ、ニットだけは抱っこした時に爪が引っかかることがあるので、興奮するような場面に行くときは避けるようにしています。

それと、珀は小型犬なので、飼い主が座ったりかがんだりすることも多いため、短いスカートは珀とのお出かけの時には履かないようになりました。

いかがでしたか?

珀を迎えるときには、お洋服まで制限されるとは思ってもいませんでした。

しつけをしっかりして、飼い主もファッションを楽しみましょう♪

この記事を書いた人:珀ママ