「ベタ」の飼育に必要なもの

こんにちは。

マルチーズの愛犬「珀」と暮らしている珀ママです。

前回、我が家にお迎えした熱帯魚、クラウンテールの「ベタ」についてご紹介しました。

今回は、ベタの飼育に必要なものをご紹介します。

ベタの飼育に必要なもの

ベタをお迎えする日に、必要なものをご紹介します。

・水槽

オスのベタは闘争心が強いため、一匹で飼育します。

大きな水槽で飼育するほうが、水質が安定しますので飼育しやすいですが、小さな水槽でも飼育することができます。

写真の水槽は、ホームセンターで購入したもので、底砂付きで380円でした。

グラスやプラスチックケースでも飼育できますが、ジャンプ力が強いため、蓋があるものが良いです。

・カルキ抜き

写真の左のものがカルキ抜きです。

カルキを抜くだけでなく、発色を良くしたり、ビタミン・ミネラルが入っていて、ベタを元気にしてくれるものです。

写真の「ジクラウォーター」は1000円くらいで購入できます。

・温度計

水温を管理する上で必要です。

写真のものは200円くらいでした。

100円ショップでも購入できますよ!

・餌

ベタ用のものがおすすめです。

ベタ用のものは、サイズが小さく、水に浮き、ベタが食べやすい形になっています。

200~300円くらいで購入できます。

・ヒーター

ベタは低温に弱いので、必ずヒーターが必要です。

水槽に入れるタイプのヒーターもありますが、小さな水槽でしたらシートヒーターでも可能です。

私は爬虫類・両生類を飼育していた時のシートヒーターを使用しています。

水槽の下に敷くだけで、場所も取らず、見た目もすっきりします。

26℃くらいを保つようになっていて、温度が上がりすぎると自動で電源が切れる仕組みになっています。

我が家のものは2000円くらいです。

いかがでしたか?

我が家の場合はヒーターが家にあったので、生体が980円で、必要物品は2000円くらい、合計3000円くらいでベタをお迎えすることができました。

次回は、「ベタ」の特徴についてご紹介します。

この記事を書いた人:珀ママ