愛犬とドライブ旅行!マナーや注意点は?

こんにちは。

マルチーズの愛犬「珀」と暮らしている珀ママです。

珀はよく車でおでかけしています。

短時間のドライブも、長時間のドライブも、体験しています。

今回は、愛犬とドライブ旅行での、マナーや注意点についてご紹介します。

ドライブのマナーや注意点

電車やバスでのおでかけより、周囲に迷惑がかかりにくいのが、車での旅行です。

車内では、人間と同じように、ワンコも安全確保や休憩が必要です。

まずは、ドライブのマナーや注意点をお話しします。

・出発する前にトイレを済ませる

サービスエリアの多い高速道路のドライブであっても、突然の渋滞で休憩できない可能性があります。

車内の温度や緊張で、トイレが近くなることもあります。

出発前に必ずトイレを済ませておきましょう。

・休憩をとる

1~2時間に1度は休憩をとりましょう。

休憩時間は、水分補給やトイレをさせてあげましょう。

お外の空気を吸って、ニオイを嗅いで、リフレッシュすることが必要です!

・窓から顔を出さないように注意しましょう

お外を眺めたり、風を浴びながらドライブしたいワンコは多いと思います。

しかし、窓からお顔を出すのはとても危険です。

予想外に窓が閉まってしまったり、飛び出してしまったり、外のものと接触する危険があります。

窓を開けるときは、お顔が出ない幅にしましょう。

・膝に乗せての運転はやめましょう

ワンコを膝に乗せて運転すると、急に立ち上がって見えなくなったり、足元に入り込み事故につながったりする恐れがあります。

サービスエリアでのマナーや注意点

・車内にワンコだけを残さない

夏場でなくても車内の温度が上昇し、熱中症をおこす恐れがあります。

外から声をかけられたり、不安になったり、ストレスにもなります。

車外に出るときは、一緒に出るか、交代で出るようにしましょう。

・リードを短く持つ

サービスエリアは車の出入りが多い場所です。

車に飛び出したり、見えないところから人が飛び出したりして危険です。

リードを短く持ち、注意して歩きましょう。

・拾い食いに注意しましょう

サービスエリアはゴミや食べかすが落ちていることが多いです。

拾い食いに注意しましょう。

・トイレは人混みを避けましょう

周囲の人にとっては、ワンコの排泄は不快なものになります。

人混みを避けて行いましょう。

いかがでしたか?

今回は、愛犬とドライブ旅行での、マナーや注意点についてご紹介しました。

マナーを守り、楽しいドライブにしましょう!

次回は、珀とお友達との旅行の様子をご紹介します!

この記事を書いた人:珀ママ