猫さんの爪切りに密着

初めての爪切りは緊張

どうも、ちいちゃんです。

今回は猫さんの爪切りについてお話したいと思います。

我が家のおとの爪切りのペースは月1、2回ほどです。

こちらが気になったら切る、何かに引っ掛かって困っているようだったら切るという感じです。

おとを我が家にお迎えする時、担当の方に猫さんの爪切りについて説明を受け、実際に夫が爪切りを行いました。

とても緊張していましたが、意外とすんなりパチン!と切らせてくれたおとでした。

爪の切り方について

猫さんの爪の切り方についてですが、まず大切なのがきちんと猫さんをホールドすることです。

しっかり包み込んで抱いてあげてください。

びっくりして動いたりすると、とても危険です。

それから爪の尖った先端の部分だけを切ります。

深く切ってしまうと出血しますので注意を!

わたしたちが爪切りの仕方を教えて頂いた際に受けたポイントは

『グリグリ切ったりせず、パチン!と一気に切ること』

です。

やはり人でも爪切りを当てられてグリグリされちゃうと痛いし、恐怖感が増しますよね。

猫さんに不安を与えると暴れるきっかけにもなってしまいますので、切る範囲を決めてパチン!と切ってあげてください。

猫さんにとって爪切りは大切

猫さんは普段の生活の中で爪とぎを行いながら爪の管理をしています。

ですが、爪切りもとっても大切…

おともカーテンや畳まれた服などに爪が引っ掛かって困っている様子を見たことがあります。

怪我にも繋がりますので、爪切りは定期的に行うようにしましょう。

この記事を書いた人:ちいちゃん