ダーリンは時代遅れ!?恋人の最新ペットネームとは

恋人と言えばダーリンのはずが…

こんにちは!ひこすけです。

ふと思ったのですが、ひと昔前は恋人がお互いを呼びあうとき、ダーリン&ハニーというのが、日本人の欧米感の定番でしたね。

どうも、最近の英語圏の人たちは、ハニーはさておきダーリンはあまり使わないようなんです。

それじゃあ、そんな英語で恋人のことを呼べばいいの?と気になり、とくに使う予定もないのに調べてみました(笑)

愛しい男性はライオンもしくは熊

男性のことを愛称で呼ぶ場合、力強さやたくましさが感じられるものなら何でもOK。

動物なら、ライオン(Lion)や熊(Bear)が定番のようですが、愛おしさをアップさせるなら熊のほうがいいみたい。

たとえば、cuddly bearと言うと、cuddlyは英語で抱っこしたくなるという意味から、ガ体はデカいのに抱っこしたくなる♪というニュアンス。

筋骨隆々のガタイのいい男性に使うもので、華奢な男性だとちょっと違和感があるみたいですね。

女性のペットネームは小動物がおすすめ

女性のことを呼ぶ場合は、かわいらしい小動物の英語を使うのがポイント。

うさぎにするなら、日本人はついついrabbitと言っちゃいそうですが、bunnyにするのが正解。

愛おしさをアップさせたいと思ったら、前にhoneyを付けましょう。

猫も定番ですが、catではなくてkittyと呼ぶと、守ってあげたくなる気持ちが伝わります。

ちなみに子羊=lambも定番だそうですが、誤ってsheepと呼ぶと「頭が空っぽ」となるので怒られるとのこと汗

この記事を書いた人:ひこすけ