犬と猫、肉球に違いはあるの?

猫の肉球はプニプニ、犬は?

こんにちは!ひこすけです。

私は物心ついたころから猫を飼っていますが、とくに大好きなのが猫の肉球。

プルプルでプニプニした感触がたまりません!

犬を飼った経験がないので、よく見たことはないのですが、前に犬がじゃれついてきたとき、ちらっと肉球が見えました。

あれ、猫とは見た目がだいぶ違うなーということで、どんな違いがあるのか調べてみました。

 

犬の肉球はザラザラ、猫はツルツル

 

犬の肉球は角質層が厚いので、石の上を歩いても痛くないそうです。

言われてみると、犬の肉球はザラザラしていて、滑り止めのようになっていますね。

犬の肉球は、オオカミに由来しているため、雪が積もった地面でも走れるようになっているとのこと。

それに対して猫は、暖かい地域で暮らしているリビアヤマネコがルーツなので、滑り止めは必要なし。

忍び足をしながら獲物を狙うので、音をたてないようにツルツルしているそうです。

 

猫の肉球はしっとり、犬はカサカサ

 

猫の肉球というと、しっとりと潤っていて、怖い目にあうと、汗をかいていることもありますよね。

前に飼っていた猫は、雷が近づいてくると、肉球が汗でびしょびしょになっていたなぁ。

犬は、猫よりも幹線が発達していないため、猫ほどは潤っていません。

肉球も猫よりも乾燥しやすいので、クリームを塗るなどの保湿対策は必須です。

それでも、犬は体全体に発汗機能がないため、肉球が唯一の発汗場所。

そいういう意味では、犬の肉球は重要な役割を果たしているんですね。

 

この記事を書いた人:ひこすけ