76歳の母が仔猫を保護!その方法とは?

仔猫が大繁殖、保護することに

こんにちは!ひこすけです。

実家にエサをもらいにくる地域猫。

3匹はカラスにやられ、可愛い2匹の黒猫が生き延びました。

実は、実家のまわりは同じオス猫の子孫が繁殖中。

これ以上、仔猫を増やさないために、76歳の母が保護にチャレンジしました。

(実際の写真は撮れてません…)

仔猫の保護は夜中に行おう

先に保護したのは母猫、2匹の仔猫が庭に残りました。

日中は他の猫におびえて、軒下に避難しているため、チラチラ姿は見れますが、警戒して寄ってきません。

そこで保護する作戦を変更、他の猫から身を隠せる夜中にケージをセットすることになりました。

仔猫をおびき寄せるなら鶏肉

ケージのなかにエサを置いても仔猫は近づいてきません。

そこで、ケージまでの道のりに、ちょっとずつエサを配置。

カリカリ少々→チュール少々→鶏肉少々→鶏肉大量

満腹になるとケージまで来ないので、量を調節したそうです。

いろいろ試して、鶏肉(ささみ)がベストだったとのこと!

母親の匂いがするケージを利用

動物病院から大きなケージをレンタルしてましたが、母猫の匂いが残っている自宅の小さなケージのほうが良いと判断。

それにより1匹目はすぐに保護できたのですが、2匹目は苦戦…。

76歳の母は、日中に仮眠をとり、2日間徹夜をして保護したそうです。

ちなみに母猫も仔猫も保護先が見つかっています!

この記事を書いた人:ひこすけ