ネコの祖先はキジトラ猫だけ!それって本当?

むかし飼っていたキジトラ猫の「めぐ」

 

 

こんにちは!ひこすけです。

5年ほど前まで、めぐという名前のキジトラ猫を飼っていました。

めぐは、家に来たときは餓死寸前。病気もあって、ガリガリでした。

飢えて死ぬよりいいとご飯をあげたところ、一日中食べ続け回復。

いわゆる猫エイズのキャリアだったこともあり、6年ほどで亡くなりましたが、ワイルドで生命力あふれる性格で、思い入れが深い猫のひとり?です。

 

野性味あふれる見た目のキジトラ猫

 

 

今時の猫って、目がクリクリしていて、ぬいぐるみみたいな見た目ですよね。

でも、めぐの場合、眼光するどく、いかにも野生動物という感じでした。

家猫にしたものの、完全室内外は難しく、自由に外に行っており、ときどきスズメを捕まえてきては、「バリバリ」と丸ごと食べることも汗

なんというか、イリオモテヤマネコでは?と思うほどの、ワイルドさだったんです。

 

猫をさかのぼるとみんなキジトラ

 

めぐのことを、みんなで「イリオモテヤマネコ」と呼んでいましたが、実はあながち間違いではないようです。

今は、いろんな毛柄の猫がいますが、さかのぼるとキジトラ猫のみ。

つまり、キジトラ猫は、すべての猫のルーツと言える存在なんだそうです。

古代エジプトでミイラ化されて祀られている猫も、リビアヤマネコのようなキジトラ。

キジトラは、外敵から身を守りやすく、自然のなかで生きるのにぴったりの姿です。

たしかに、めぐも庭にいるとき、植物と同化して見えにくかったなあ。

 

この記事を書いた人:ひこすけ