地域猫が夜に集まる場所を発見!

マンションの敷地に住んでいる地域猫

 

 

こんにちは!ひこすけです。

私が住んでいるマンションには、保護サークルの世話になりながら、2匹の地域猫が暮らしています。

その猫たちは、敷地のあらゆるところで見かけるのですが、どこに住んでいるのか不明。

エサは貰っているのですが、普段はどこで暮らしているのか気になっていました。

それがなんと、地域猫たちが集まっている場所を発見したんです!

 

夏の暑い日はベンチで涼む地域猫

 

 

夕方になると、保護サークルのおばさんがエサ場に来るので、あちらこちらから猫たちが登場。

地域猫は数匹いる模様ですが、とくにマンション住民と親交が深いのが、茶色い長毛の2匹。

目がぱっちりしていて、エサをたくさん貰っているのか、かなり太っています。

マンションの敷地には、屋根付きのテーブル&イスがあるのですが、虫が発生するエリアなので利用者はなし。

この2匹の猫が我が家であるかのように、毎日、独占しているんです。

 

地域猫とのふれあいチャレンジ

 

 

クリクリした目でこっちを見るので、ある程度人慣れはしているようです。

ということで、手をそーーーっと差し出してみました。

すると、鼻を突き出して手の匂いを嗅ぐものの、触ることはできず。

ちょっと足を踏み出すと、ササっと逃げてしまいます…。

エサをあげている人たちには懐いているようですが、私はまったく触れませんでした。

もしかして私の手の匂いを嗅ぐのは、エサがあるかどうかの確認?

やっぱり先立つものはエサなんですね…。

この記事を書いた人:ひこすけ