野良猫は甘える?懐かない理由は?

野良猫のシロは一応甘えますが・・・

こんにちは!ひこすけです。

実家のウッドデッキで暮らしているシロ。

飼い猫になる申し出を断り、半野良として生きています。

母猫の教育の成果もあり、まったく懐きません。

ちょっと近づくだけで、ダッシュで逃走…。

かわいいけど、かわいくない!

そんなシロですが、例外的に甘えることがあります。

 

野良猫はご飯が欲しいときに甘える

シロが甘えるときは、どんな時かというと、例外なくお腹が空いているときです。

ご飯が欲しいときだけ、甘えると言ってもいいくらいです。

(ほんと、自分勝手だ)

これまで家猫も数匹飼っていましたが、甘え方は基本同じ。

・見上げてニャアとなく。

・スリスリする

・のびをする

のびをするのは、勝手な推測ですが、照れ隠しのような気がします。

しかも、甘えるのはガラス越しのみ。

窓を開けるとダッシュで逃げます。

 

野良猫が懐かないのはどうして?

シロは、適度に甘えますが、いつまでたっても懐きません。

もうウッドデッキに住み始めて2年もするのに…。

それにはちゃんとした理由があるそうなんです。

野良猫は、年に数回子どもを産むため、すぐに仔猫を自立させます。

自力でエサを獲得する、敵から身を守る、などなど。

ということでシロも早々に自立。

人間の飼い猫になると、自立心がなくなり、親に守ってもらう仔猫に戻るとのこと。

そういう意味でシロは、自立した大人の男、ってことなのでしょうか。

でもやっぱり、仔猫に戻ってほしいなあ。

 

この記事を書いた人:ひこすけ