ボールパイソンの飼い方【蛇】

ボールパイソンという、驚くとボールのように丸くなる蛇について紹介します。

ボールパイソンとは

ボールパイソンはペットとして飼育しやすい蛇種の1つです。

 

性格は大人しく、毒もありません。

 

30度ほどの温かい場所を好み、暗くて狭いところによく隠れます。

 

寒くなると自分でヒーターの上に移動し、暖をとります。

 

ボールパイソンの餌は?何を食べるの?

蛇なので餌は主にマウスやラットです。

 

我が家では冷凍ラットを解凍して与えています。

 

ボールパイソンは大人になると150cmほどの長さになるので、成長の具合に合わせて餌の大きさも変えないといけません。

 

蛇の顎は特殊で、こんな大きさの餌を食べるの?と驚くほど大きな口で餌を食べます。

 

飼育環境

蛇の部屋にはシェルター、水入れを設置してあります。

 

他に、蛇専用ヒーターとロック付きの蓋が付いたケージが必要です。

 

何故ロック付きの蓋が必要かというと、ロックをしなければ蓋を押し上げて逃げてしまうからです。

 

蛇は力が強く、脱走が上手なので飼育している人は気を付けましょう。

 

まとめ

今回は蛇のボールパイソンについて紹介しました。

 

蛇を飼育していることを話すと、「怖い」と言われる事が多いですがボールパイソンは穏やかでとても可愛いペットです。

 

この記事を読んで、蛇が少しだけ身近な存在になると幸いです。

 

この記事を書いた人:しましま