ニホンリスの世代交代とは……?《軽井沢Kazusaの森から 2》

ニホンリスのテリトリーはどのくらい?

ニホンリスのテリトリーは、メスで5~10ヘクタール、オスで20~30ヘクタールだといわれています。

メスは子育てをするのにそれぞれが独立したテリトリーをもっていて、重複することはありません。

メスは、ひとつのテリトリーに1匹だけ。

お気に入りの森をしっかり守ります。

でもメスよりもテリトリーが広いオスは、オス同士でテリトリーを住みわけたり、複数のメスのテリトリーにちょくちょくおじゃまをしたりと、どうも落ち着かない生活をしているようです。

メロウからミミィへ、Kazusaの森にも世代交代がやってきた

つい最近まで、Kazusaの森はメロウという女の子のテリトリーの一部でした。

この写真のニホンリスです。

メロウは2013年の春に生まれて以来、毎年元気な子どもを生んで育てたベテランママさん。

毎日Kazusaの森を訪れてくれていたのですが、最近になってほとんど姿を見せなくなりました。

たまに、思いだしたようにやってきては、まだ元気に生きていてくれるんだ、と安心させてはくれますが、どうやら、この森も世代交代の時がやってきたようです。

今、毎日やってくるのはミミィという女の子。

メロウが2歳のときに産んだ娘です。

おそらくこの森の主の座を、メロウから譲り受けたのでしょう。

この子がミミィ。

毛先が白くて短いユニークな左耳をしているので、「ミミィ」と名付けました。

いのちをつなぐために

ニホンリスは、オスもメスも熟年になると、自分たちが守ってきたテリトリーを若リスに明け渡します。

若リスは、先輩たちが築き守ってきたテリトリーで子孫を残しながら元気いっぱいに生きていくのです。

これが、ニホンリスたちがいのちをつないでいくためにとる道なのです。

何だかとても切ないけれど、それが野生のおきてなんですね。


ガンバレ、ニホンリスたち!

この記事を書いた人: Kazusa