多摩動物公園へおでかけ!カンガルー編!

こんにちは。

珀ママです。

先日、多摩動物公園へでかけてきました。

前回、レッサーパンダとぞうさんをご紹介しました。

今回は、カンガルーをご紹介します!

カンガルーの体

カンガルーは大きく発達した後ろ足で、ぴょんぴょん飛んで移動します。

しっぽは太く長く、しっぽでバランスをとることができます。

メスのカンガルーは、お腹に「育児嚢(いくじのう)」があり、育児嚢の中で子育てをします。

カンガルーの育児嚢

お腹の大きなカンガルーが1匹いました。

時々、育児嚢からお顔をのぞかせていました!

お母さんカンガルーが、ぴょんぴょんと移動しているとき、お顔が見えました!

思ったより大きい!

種類にもよりますが、半年~1年ほど、育児嚢の中で過ごします。

お母さんカンガルーの足の横からお顔が見えています。

大きな子供カンガルーを入れて動くのはたいへんそうですね。

リラックスカンガルー

多摩動物公園のカンガルーたちは、ほとんどの子がリラックスモードでした。

カラスの声や物音がすると、そろって起き上がりますが、またすぐに寝てしまいます。

道端に倒れているかのように、リラックスしています。

ぐっすり眠っているように見えますが、物音ですぐに起きるので、眠りが浅いようです。

カンガルーもこんな格好で寝るんですね。笑

いかがでしたか?

子供カンガルーやリラックスカンガルーをご紹介しました。

私は親子のカンガルーを初めて見たので感動しました。

次回も多摩動物公園の動物をご紹介します!

この記事を書いた人:珀ママ