おしっこの病気~なんちゃん尿路結石~その1

2歳を過ぎた真冬、なんちゃんの様子がおかしくなりました。

何度も何度もトイレに通うけれど、小豆粒くらいのおしっこしか出ないのです。トイレの砂もなんとなくピンク色です。

痛くてしょうがないらしく、体を震わせて力んでいます。

そのうちに布団の上でも力むようになりました。

トイレが終わると、痛いのか一生懸命なめています。

「これは病気に違いない…」と思い、翌朝獣医さんに連れて行きました。

尿道に管を通しておしっこをとりました。

飼い主は動揺するからか、外で待っているように言われました。

なんちゃんは、聞いたことのないような声でフニャアーと鳴いてとても痛そう…。

見せてもらったおしっこは真っ赤で、血液の量のわりに細菌は少ないそうで、「尿路結石もあるかもしれない」と説明がありました。

飲み薬は飲ませる自信がなかったので、とりあえず膀胱炎の2週間効果のある注射をしてもらって帰ってきました。

それから少しずつ、少しずつ、トイレのおしっこの塊が大きくなり、なんちゃんもだんだん元気になってきました。

まず、たっぷり水を飲めるように、水飲み場を増やしました。

それから、これまでは使っていた市販のトイレは、シッポがはみ出して使いにくそうにしていたので、トイレの環境を良くしようと思い、コンクリートを練る容器を買ってきて、たっぷり砂を入れるようにしました。

トイレの場所も2か所に増やしました。

けれどなかなか、以前のようにたっぷり溜めて、まとめておしっこをするようにはなりません。

(その2に続きます)

この記事を書いた人:のびのびにゃんこ