ひとりになりたい!?猫の隠れ家はどこ?

猫のお気に入りは物置のうえ

こんにちは!ひこすけです。

実家で世話をしているものの、いつまで経っても室内飼いを拒否しているシロ。

相変わらず、首輪をつけてウッドデッキで暮らしています。

首輪をつけた単なる野良猫じゃないの、ということは置いておいて、自由気ままなシロも一人になりたい!?ことがあるようです。

あれ、シロがいないなーと思ったとき、必ずチェックするのがお隣さんの物置のうえ。

そこがシロの隠れ家となっています。

 

猫は隠れ家を持つもの

これまで飼ってきた猫たちも、みんな隠れ家を持っていました。

ある猫は籠のなか、ある猫はソファの後ろ、ある猫はカーテンの後ろ…。

可愛さのあまり、猫にちょっかいを出してしまうのが買い主の悲しい性。

でも、猫は孤独を愛する生き物なので、ときにはひとりになりたいようですね。

これまでの猫たちは、いちおう室内で飼っていたので、それぞれの隠れ家を把握していました。

でも、シロについては、室内飼いを拒否しているので、しばらくのあいだ、どこで何をしているのか不明!

 

隣の家の物置がシロのお気に入り

シロは、1年以上も世話をしているのに、いまだに触らせてくれません。

あまりにしつこく触ろうとすると、ささっと庭から退去。

どこにいるのかなーと思っていたら、あれ、隣の家の物置のうえに、見慣れたシルエットが…。

二階からみると、ブクブクと太ったシロが、どどーんと鎮座しておりました。

日当たりの関係から、お昼過ぎからこの隠れ家に移動しているようです。

ちなみに、隣のもうひとつの物置には、別の猫がいました(笑)

 

この記事を書いた人:ひこすけ