ルーンとジルーシャは仲が良い!相性の良い組み合わせって?

我が家のルーンとジルーシャは、とても仲良しです。

冬の寒い時期にはほとんどくっついて過ごします。

しかし、猫同士はいつでも仲良くなってくれるわけではありません。

私の実家ではブチのオスと、キジ白のメスは、仲良くなるのにとても時間がかかりました。

今回は、比較的相性の良い猫の組み合わせを紹介します。

子猫同士

子猫は縄張り意識がまだあまりなく、お互いに遊びたいという気持ちが強いため、一緒に過ごしているうちに仲良くなってくれることが多いです。

我が家はルーンが1歳半、ジルーシャが1歳のときに一緒に飼い始めたので、スムーズに仲良くなってくれました。

 

先住猫の性格が穏やか

多頭飼いをしたい!と思っても、先住猫の縄張り意識が高かったり、独占欲が強かったりすると、他の猫と仲良くなるのが難しいです。

先住猫の性格が穏やかで優しいと、後から来た猫とも良い関係を築いてくれます。

我が家はルーンがジルーシャと仲良くしようと頑張ってくれたため、ジルーシャが来たその日に仲良くなり、私がとても驚きました。

オス×メスかメス×オス

成猫になってからも、別性同士の組み合わせは仲良くなってくれやすいようです。

先住猫が成猫で多頭飼いをしたいという場合は、別性の成猫を引き取ることがおすすめできます。

また、5歳くらいまでの若い猫であれば、自分に敵意がない子猫も受け入れてくれることが多いようです。

いかがでしたか?

今回は多頭飼いをする上で相性の良い組み合わせを紹介しました。

次回は私の実家の猫の写真を使いながら、相性があまり良くない組み合わせを紹介します。

この記事を書いた人:jill