ミミィのパパはだれだ!《軽井沢Kazusaの森から 3》

ミミィの白い耳と鼻先はだれゆずり?

さて、前回、現在のKazusaの森の主はミミィだといいました。

そのミミィの特徴は、左耳の先が白いこと。

よく見ると、鼻の先にもちょっと白いところがあります。

これは、色素の突然変異ではないか、といわれています。

ニホンリスの体の特徴は親から子へと引き継がれます。

たとえば、耳の形などは親子でそっくり。

この突然変異も例外ではないようで、遺伝することが多いとのこと。

メロウママには色素異常は見られませんでした。

ということは、パパがそういう特徴をもっているのかもしれません。

メロウのパートナーのチャイは……

毎年その時期がくると、真っ先にやってきてメロウにアタックする男の子がいました。

全体的に茶色が強い子だったので「チャイ」と呼んで観察をしていました。

苦み走ったなかなかいい男です。

気がつくといつもメロウとチャイはペアになっていました。

もちろん、ほかの男の子もやってきます。

そしてメロウにさかんにアプローチをします。

みんな、自分の子孫を残すために必死なんですね。

でも、なぜかメロウが一番なかよくなるのはチャイ。

そしてそのチャイには色素異常はありませんでした。

じゃあ、ミミィのパパはだれなんでしょう。

むむむ……、ひょっとして、メロウにはほかに好きなカレシがいたのでしょうか……。

ひょっとしてあのリスかも?

そういえばあの男の子。

そう、メロウが生まれた年の冬にやってきた男の子。

鼻の先が白くて、「あれ?」、って思ったことがあります。

もしかしらたらあの男の子でしょうか。

このKazusaの森の近辺にそれらしき男の子がいるとしたら、あの子だけかも……。

なあんて、こんなことが気になるのは、人間だけかもしれませんね。


この記事を書いた人: Kazusa