なんちゃん、ニャルソック中(その2)

毎日、家中のパトロールを欠かさない、なんちゃん。

今日もニャルソックをしてくれています。

一通り家の中のパトロールが終わると、その日の窓を決めて、今度はお外を監視します。

外にいる人間や車を見るのも好きですが、一番好きなのはスズメやカラスなどの鳥を見ることです。

雨どいに、小鳥が水浴びに来ると歯をむき出して「ニィ、ニィ、ニィ」と小刻みに鳴きます。

カラスが鉄塔の上にとまっていると、もう少し長めに「ニャー、ニャー」と鳴きます。

人間に向かって鳴く時には、歯をむき出さないので、不思議に思い、少し調べてみました。

ねこが鳥などに向かって、小刻みに鳴くのは「クラッキング」というそうです。

なぜ、こんなことをするのかについては、次の3つの説があるそうです。

①狩猟本能で気持ちが興奮した時出す音

②歯をカチカチ言わせてバーチャルな狩りをしている

③鳥のさえずりのマネ

なんちゃんは、屋根裏でネズミを捕ってくれたり、家の中に入ってきた虫を捕まえたりしますが、本当の狩りをするときには声は出しません。

だから①は違うのではないかなと思います。

歯をカチカチ言わせるときには、全身の筋肉も動いているように見えるので②は確かにそうかもしれません。

③はあまり支持する人がいない説のようですが、最近のなんちゃんは、鳥によって、クラッキングの声が違うので、ありえるような気がします。

最初はいつでも狩りができる体制で監視していますが、30分もすると眠たくなるなんちゃんでした。

この記事を書いた人:のびのびにゃんこ