桜島で発揮された動物の震災の予知能力

東日本大震災の映像を見ると思い出すこと

こんにちは!ひこすけです。

私はこれまで、4匹の猫を見取り、現在、ウッドデッキに住みついている白猫を、飼い猫にスカウト中です。

3月11日は東日本大震災が起こった日、私も茨城にいたので体育館に泊まったことを思い出します。

それと同時に思い出すのが、私が生れるはるか前の桜島の噴火のときのこと。

動物の震災の予知能力に関する話です。

ある日、桜島の動物が泳いで逃げてきた

私の母方は鹿児島に住んでおり、桜島が見える本土にいたことがありました。

桜島はしょっちゅう噴火しているので日常の延長上。

多少の噴火があっても、誰も気にせずにいつも通りの生活をしているのは、今でも同じだと思います。

ところがある日、桜島にいる犬、猫、牛、馬など、あらゆる動物が、泳いで本土に逃げてきたことがあったそうです。

桜島の島民も避難するものの…

あらゆる動物が逃げていくということは、きっと桜島の大噴火があるはず、そう思った住民たちも、本土に逃げてきたとのこと。

しかし、当時の村長か町長かが、「大丈夫だから」とみんなを桜島に戻したそうです。

しかしながら次の日、いつも以上の大噴火が起こり、帰った住民の多くがなくなってしまいました。

島民を島に返した村長か町長は、責任を感じて自ら命を絶ってしまったそうです。

これは、メディアがそれほど発達していない戦後すぐの話。

この記事を書いた人:ひこすけ