猫からの大好きサインをもっと知ろう

甘えん坊のうちの猫達は、沢山の大好きサインを送ってくれます。

今回もルーン、ジルーシャ、さくら、スティックたちが送ってくれる大好きサインを紹介していきます。

お腹を見せる、ふみふみする以外にも、猫達は沢山の大好きサインを送ってくれているのです。

大好きサインをもっと知って、猫達と楽しく過ごしてみませんか?

しっぽを立てる

しっぽをぴんと立ててこちらに近づいてくるのも、猫の大好きサインです。

うちの猫達は、名前を呼んだときや、仕事から帰ってきたときに、しっぽをぴんと立てながらこちらに来てくれます。

しっぽをまっすぐ立てているとき、猫は子猫の気分になっています。

親猫にお世話してもらっている気分になって、飼い主さんに甘えたいと思っていることが多いようです。

しっぽがまっすぐ立っているほど、飼い主さんに対する信頼感が高く、甘えたい気持ちになっています。

しっぽが立っているときの猫達の顔はとても可愛いので、家族もとても喜びます。

グルーミングしてくれる

猫がグルーミングしてくれるのも、大好きのサインです。

猫が他の猫をグルーミングすることはアログローミングと言われ、親しい猫の中でしか行われない行為になっています。

飼い主さんをグルーミングしてくれるときも、信頼の証になります。

一番よく私達にグルーミングしてくれるのはジルーシャですが、ジルーシャの舌はとてもザラザラしているので…

途中でグルーミングをやめてもらうために、ジルーシャの気をそらしてしまうことも多いです。

いかがでしたか?

今回は猫が送ってくる大好きのサインについて、新しく2つ紹介しました。

うちの猫達は4匹中3匹が野良出身ですが、家族の愛情を受けてとても人間が好きになってくれました。

この記事を書いた人:jill